北のロードスター(WAAIのブログ)

関西のはしくれで育ち北海道に引っ越した、雪と写真が好きな男とNBロードスターとの日々を書いたブログ

北海道の夏!ロードスターの夏を楽しく過ごす方法と注意すべきこと。


スポンサードリンク

 

 

 お疲れ様です。

 

 もうそろそろ100記事くらい書いたのかな〜と思って振り返ってみたら、いつの間にか101記事書いてました汗 今回は102記事目です笑

 

www.waai-roadstarblog.com

 

 前回は 「北海道の冬をロードスターで乗り切る方法」を書きましたが、今回は夏の過ごし方について書いていきます。

 

f:id:waai-pentax0702:20180203192238j:plain

  夏。  

 内地(本州)に住んでいた頃、空気は死ぬほど暑く、ジメジメしていて、15分ごとに水風呂に入っては日陰でだらりと過ごす。たまに屋外、屋内でスポーツもしますが、すぐに汗でビチョビチョ。汗かきの私は、毎日が全身おもらし状態でした。そんな毎日で一番楽しかったのはプールです。全身の熱が一気に冷やされて最高だったのを思い出します。

 

 一方で北海道の夏はというと、暑いは暑いのですが、カラッとしていて清々しい暑さなので気持ちがいいです。

 道民はみな、冬は冬眠していますが、この季節は外に出ます。←熊みたいに言うな。

 

 ホラ。後ろのカップルの様に…

 

 北海道は冬が本州と最も違いが出る季節のイメージですが、夏もかなり違います。移り住んで、まず違ったのは、「プールに一回も行っていない」という事実です。 「そもそもプールに行こう!」なんて会話を聞いたことがありません。人間って本当に暑くないと冷たい液体には入りたくないのでしょう。 「プールに入らない夏なんて何をすればいいんだ!」と思ったそこの本州民のあなた! そんなあなたにロードスターを使った北海道の夏の楽しみ方をお教えします。

 

せっかくのオープンカーなんだから屋根を開けてドライブに行こう! 

f:id:waai-pentax0702:20180428015803j:plain

 ロードスターを買った人の中には「安くて軽いFR車が欲しかった」というオープンカー要素を全く考えていなかった方も多いでしょう。

 

 私もそうでした。

 

 しかし、屋根を開けてみると世界観が変わります。こんな世界が広がっていたのかと。多少疲れはしますが、あの開放感はクーペに戻れなくなるかもしれません(笑)

 

北海道では夏のオープンカーに乗れる。

オープンカーに乗ったことがない方は、「オープンカーは夏に乗るものだ」と思っているかもしれませんが、基本的に本州ではオープンカーは冬の乗り物だと言われます。本州の夏はジメジメしていてとても開けれたもんじゃないからです。というか拷問です。

 しかし北海道の夏はカラッとした暑さで多少汗はかきますが、問題ありません。ですから、北海道なら夏でもオープンカーを堪能できるのです。

 

 しかし、油断は禁物。

 

 屋根を開ける際は帽子を用意しておきましょう。写真の時は私だけ被っていなくて、翌日に日射病で倒れたことがあります。

 また、念のためエアコンのガスは入れておきましょう。NBロードスターのエアコンは意外と復活しますよ。←普段使わない人でも使う時来ますよ。

 

昼間もいいが、夜は永遠と開けてられる

f:id:waai-pentax0702:20180428110320j:plain

 北海道は夏の日中でも屋根を開けるのは可能ですが、可能と行っても少々暑く、それなりに汗をかきます。しかし、夜であれば何も感じません。少し風が流れている素晴らしい空調の部屋にいるようで気持ちがいいです。それに北海道は夏の時期以外、夜に屋根を開けるととても寒いので、夏の醍醐味と言っていいかもしれません。

 

車のイベントに積極的に参加してみよう!

f:id:waai-pentax0702:20180428020239j:plain

   「イベントなんて興味ないわ」という方もいるでしょうが、ロードスターに乗ったからにはチャンスです!北海道内には様々なイベントが、サーキット、モーターランド等で開催しています。そこでの出会いも沢山ありますし、自分の車種の意外な一面も見るでき、全てが新鮮です。また、サーキット等では普段の公道では体感できない運転方法もできますから、新たな発見に巡り会えます。

 

夏タイヤはハイグリではなく、ちょいスポーツタイヤに!

f:id:waai-pentax0702:20180428104316j:plain

 夏タイヤには様々な種類があると思うのですが、競技をしない限りロードスターにハイグリ(ハイグリップタイヤ)は要らないと私個人的には思います。特に初めてロードスターに乗る方は、ハイグリだと限界がわかりにくいんだそう。「ロードスターはグリップの少ないタイヤで峠を楽しむのがいい」と数々のロードスター先輩が語ります。ちなみに私はヨコヤマタイヤのSdriveを履いています。限界がくると滑らかにお尻が出るので、わかりやすく、気に入っています。

 

雨漏りに注意!

f:id:waai-pentax0702:20180428112334j:plain

 雨の写真が一枚もなかったので快晴の写真にしてやりました笑

 ロードスターは雨漏りが少ない方だとオープンカー業界では言われているようですが、それでも年月が経っていると、多少雨漏りはします。特にAピラーの屋根部分から漏れてくることが多いです(個体差有り)。幌の状態にもよりますが、ガレージじゃなく青空駐車の方は、雨の日の翌日に動かすと盛大に漏れてくるので、防水カバーなるものがあると、便利かもしれません。

 

ミーティングに参加しよう!

f:id:waai-pentax0702:20180428021817j:plain

 ロードスター世界で最も売れたツーシーターオープンカーです。それゆえに日本はもちろん、世界中でミーティングが行われています。北海道でも年に一回の大きなロードスターミーティング「ふらのミーティング」が毎年行われています。約120台ほど集まりますのでロードスターに乗っているなら、様子見としてでも一度は訪れたい場所です。

f:id:waai-pentax0702:20180428022451j:plain

 基本的にはオーナー同士の会話がメインのミーティングなので、ゆっくりとした時間を富良野の気候と共に楽しむ感じですね。

 

f:id:waai-pentax0702:20180501030418j:plain

 最後はここのミーティングのメインイベントであるロードスターでの「パレードラン」が行われます。2017年は私が数えたところ約120台だったので、その120台が一列に並び、富良野の大地(正確に言えば上富良野町なのだが)を走る。近所の方々も手を振ってくれてとても和やかな雰囲気(・∀・)

 

※動画は音声あり

www.youtube.com

 

f:id:waai-pentax0702:20180429160755j:plain

 ミーティングですが、私の方でも1ヶ月に一度ほどやっております。色んな方とお会いしたいなと思っていますし、日付もこのブログに書いて行きたいと思っていますので、ロードスター興味のある方は愛車がロードスターでなくても、関係なく参加していただけると嬉しく思います。

 

 

脳を搾ってもこれ以上出てこない!

 やはり北海道にてロードスターに乗る上で気をつけることは大半が「」です。夏は解放されて楽しむ季節なので全力で遊ぶのが肝だと思います。

 

 それでは、良い夏を...

 

 

 

 

 本日のぼやき

f:id:waai-pentax0702:20180501023003j:plain

 みなさんは実家に帰ってますか?
 

 私の周りは実家に帰ってる人が多いです。しかし私はほとんど帰ったことがありません。

 帰りたいんです。しかし、帰る理由が見出せません。「会うということが帰る理由」とも言われますが、そう思っても動けない自分がいる。ということはその理由では威力が足らないのでしょう。なので教えて欲しいです。理由を... 

 

 ちなみに写真は名古屋城と私ですが、なかなかの高さ飛んでると思いませんか?我ながら頑張った写真だと思っています。